アラフィフでも-16kgのダイエットに成功! 58kgを維持する BLOG

アラフィフですが、約1年で-16kgのダイエットに成功しました。1日1快食+ときどきファスティングで、これから58kgをいかに維持していくかが、課題です。健康的な食習慣と毎日楽しくをモットーに💛

1日ファスティングで0.5kg減

こんにちは。

今朝の体重・・・58.0kg(前日比-0.5kg ピーク時より-15.0kg)

昨日の運動・・・階段下り12階分

スクワット、忘れました・・・💦

 

昨日は夫の夕飯が要らない日だったので、1日ファスティングをしました。

外出しましたが、イチゴヨーグルトドリンクを飲んでいたので、低血糖にはならず、アクティブに動くことが出来ました。

ただ、昨日のファスティングでは、ヨーグルトや具なしの味噌汁などたんぱく質を摂ったせいか、減り方が少なかったように思います。

ファスティングの時には、タンパク質は摂らない方が、減りますね。

次回はヨーグルトは摂らず、具なし味噌汁ではなく出し汁にしてみます。

 

1日1快食(朝はドリンクのみ・昼はごく軽く・夜はしっかり食べる)とたまに1日

ファスティングをして1年3ヶ月ほどになりますが、体調はとても良いです。

(花粉症の症状は、まだ少しありますが・・・)

最高で、16kgほど痩せて、身体も軽く、気分も爽快です。

たまに飲み会などで食べ過ぎ飲み過ぎてしまうと、体調が悪くなるので、

やはり小食が身体には良いと実感しています。

石原結寛先生の「食べない健康法」からの文章をシェアしますね。

・・・「食べ過ぎ」は免疫力を低下させる・・・中略

我々がお腹一杯に飲食すると、食物中の栄養素が胃腸から血液に吸収されて、

血液中の栄養状態も良くなる。

するとそれを食べた白血球も満腹になり、外からばい菌やアレルゲンが侵入して

きても、体内でガン細胞が発生しても十分に食べようとしない。

つまり、「免疫力」は落ちるのである。

逆に空腹の時は、血液中の栄養状態も低下し、白血球も充分に栄養を摂れず空腹に

なるので、ばい菌やアレルゲン、ガン細胞を貪食、処理する能力が増強するのである。

我々人間も、動物も、病気をすると食欲がなくなるのは、白血球の力を強め、

病気を治そうとする反応に他ならない。

よって、日頃腹八分に食べて、少し空腹を感じるくらいの水準で過ごすと、病気に

ならない。

逆に、腹一杯食べて、腹十二分の状態になるとありとあらゆる病気にかかりやすくなる

わけだ。

・・・以上P5~6より・・・

これを読んで思い当たることがありました。

4年ほど前に、子宮筋腫の手術を受けたのですが、術後は食欲がなく、出された食事の半分も食べなかったのですが、たしかに治りが早かったように思います。

妹たちも同じ手術をしていますが、妹たちの術後よりもかなり治りが早かったですね。

恐らく、食べないことで消化に必要な血流が、手術の傷に集中して、治りを早くしたのだと思います。

最後に、「食べない健康法」P6より、6000年前のエジプトのピラミッドの碑文を・・・

「人は食べる量の4分の1で生きている。他の4分の3は、医者の糧になっている」

つまり、「食べ過ぎるから病気になる」ということを、強烈な皮肉をこめた言葉で

我々に教えてくれているのである。

 

昨日の食事

7時・・・ココナッツシュガー入り生姜紅茶

9時半・・・イチゴヨーグルトドリンク300cc

11時半・・・ミントシトラスティー

f:id:saorin0408:20180319142143j:plain

明日の夫の誕生日用の食材の買い出しの為モールへ行ったので、スタバで休憩。

13時半・・・ニンジンリンゴジュース400cc

15時・・・出し汁300cc

14時・・・具なし味噌汁300cc

17時・・・具なし味噌汁300cc

本日もご訪問いただきありがとうございました。

ポチっとしていただけたら嬉しいです🎵

皆様、今日も素敵な1日を・・・・✨


にほんブログ村